クレンジングと洗顔は?

0-57 スキンケアの基本はクレンジングと洗顔だと思っています。 汚れを落とさなければ、そのあとの化粧水、美容液、乳液の成分は浸透しないからです。 超脂性肌なので、しっかり落とすことを第一に考えていますが、年を追うごとに それだけではいけないとも考えました。 汚れは落としても潤いまで落とさないように気を付けています。 初めて使った洗顔料はビオレのものでした。その後、クレアラシル、アクネス、アクメディカといったニキビケアのものを試していった後、 今現在使っているのはクレンジングリサーチの洗顔フォームです。 洗顔のやり方は、当初は手のひら泡立てていましたが、なかなかうまくできないのと、ふわふわもこもこに泡立てて泡のクッションで洗うのが最も汚れの落ちる方法だと知り、 泡立てネットで泡立てて使っています。 一時期、パパウォッシュの洗顔パウダーを使っていましたが、高価だったこととパウダーの泡立てがいまいちうまくできなかったこともあり、 洗顔フォームに落ち着きました。 クレンジングは、オルビスのジェルタイプのものを使っています。 軽いタッチですが、毛穴の奥のメイクや濃い目のアイメイクもすんなり落ちます。 オイルタイプのものも使ったこともあります。 特にDHCのディープクレンジングオイルは毛穴の奥の汚れまで掻きだす気がします。 オイルタイプがだめだったわけではありませんが、オルビスのジェルタイプの使い心地が気に入っているので それを使っています。 逆に、私に合わなかったものはふき取るタイプです。ついついこすってしまうし、ちゃんとふき取り切れているか不安になってしまうからです。 ダブル洗顔が必要ないと表記してあっても、メイクと汚れが同時に落ちる気がしないので、必ずダブル洗顔をします。 そして、最近使い始めたのが泡でててくるタイプのものです。エテュセのものを使っています。 これは朝の洗顔に使用していますが、時間のない時にもふわふわの泡が出てくるので便利です。

This entry was posted on , in present.

パックについて

0-24 日頃のスキンケアに加えてスペシャルケアのアイテムとして、パックを使うことがあります。 毛穴の角栓を取り除くためのはがすタイプのパックやシートマスクが主ですが、普段のケアアイテムにもパックを使用しています。 佐伯チズさんプロデュースのローションパック用のコットンです。 使い方は、水に濡らして軽く絞って化粧水を染み込ませ、5~6枚に裂いてコットンの繊維に沿って敗れない程度に薄く延ばし、顔に貼り付けます。 そのままの状態だと3分、上からラップでカバーすると30分以上使えます。 ラップをせずに3分以上したままだと、コットンの水分だけでなく肌に浸透させた水分が蒸発してしまい逆効果になるので、長時間使用するときはラップが必須です。 洗顔後そのまま化粧水をつけると、弾いてしまって成分が浸透しないので、水と一緒に使うことで成分が肌に浸透し、化粧水の効果が高まるそうです。 時間のある夜にだけラップ付きで30分くらい使用していますが、確かに肌がふっくらとして潤いが増えたような気がし、普通に化粧水をつけていた時よりも効果的だと感じています。 始めは、水の絞り加減がわからず、コットンを裂く作業がうまくいかずにパックもボロボロになったこともありましたが、毎日使ううちにすぐに慣れてきれいにパックできるようになりました。 使った後のコットンは、シートマスクの時と同様にデコルテやひじなどに付け、ボディケアに使っています。 朝のケアやシートタイプのパックを使用するときは、顔や手を水に濡らして化粧水を使っていますが、 ちゃんと潤っているし、普通に付けるよりもべたつきません。 ただ、これは肌に浸透させるためのものなので、揮発性の高いアルコール成分が入っているものやふき取りタイプの化粧水には適していません。 30枚入り600円と少々割高ですが、コットンの質が高く毛羽立ちもないので、高い化粧水を使って効果が発揮されないよりずっといいと思います。

This entry was posted on , in present.