妊娠していたころのスキンケア

0-37 妊娠していた頃の話。 いつものスキンケアに加え、妊娠線のケアも始めました。 専用のクリームではなくてもいいという情報から、これまで使っていたニベアのボディクリームやボディショップの ボディバターを塗っていました。 妊娠発覚直後、ボディショップで新作のはちみつの香りのボディバターを見つけました。 香りが気に入ったので、妊娠して気が大きくなったこともあり、購入してお風呂上がりと朝に使っていました。 つわりも特に感じず、機嫌よく使っていましたが、3か月に入ったある日、突然ボディバターの匂いが気になり始めました。 その頃から吐いたり食べられないということはなかったものの、だるさがひどかったり疲れやすくなり、特に疲れがたまる夜に 気分がムカムカする症状が出ていました。 いつものようにお風呂上がりに塗ると、好きだったはずの匂いで気分が悪くなってしまったのです。 ボディバターは香りが強いので、ずっと匂いがついてまわり、寝る時まで気分が悪かったです。 体調の良い朝なら大丈夫だろうと朝に塗りましたが、やはりダメで、一日中匂いが消えずに 気分が悪いままでした。 香りの弱いニベアのボディクリームに切り替えましたが、それでもだめで 結局、マタニティ専用のクリームを買うことになりました。 たまごクラブに付録として付いていたママ&キッズのナチュラルマークのマタニティクリームは、匂いも気にならずにのびも良かったので、それを買いました。 気分が悪くなることもなくなり使い心地は満足していますが、1本7875円と高価なのが唯一残念な点です。 しかし、普通のクリームではダメな妊婦さんは買わざるを得なくなるので、一定の需要があると思うので値段が下がることはないと思います。 他の無香料の市販されている普通のクリームでも成分独特の匂いが鼻についたので、今でもナチュラルマークのものを使用しています。 匂いが気にならない妊婦さんは安いクリームでも十分なケアはできると思いますが、多くの妊婦さんは匂いに敏感になってしまっているので、値段は張りますが、ママ&キッズナチュラルマークのマタニティクリームは使ってみる価値はあると思います。