プチプラの化粧品も悪くない

0-38 世の中にはドラッグストアやディスカウントショップで売られているような数百円の基礎化粧品からデパートや専門店で売られている、数千円から万単位で売られているアイテムもあります。 高いものほどいい原材料を使っているから効果がありそうだけど、毎日使うものだから出費がかさむのは痛いので使い続けるのは経済的に厳しいものがあります。 パパウォッシュやプロアクティブ、ドクターシーラボ、フレスカなど比較的高価なものも使ってきました。 SKⅡやシャネルはサンプルや贈答品で使ったことがあります。 確かに使い始めたその日に違いがわかるほどいいものでしたが、ついつい値段を気にしてしまい、思い切って使えないのともったいなさすぎて使い切ってしまうのが怖くなって使い切らずに長期間放置してしまうという本末転倒なことをしてしまいました。 現在使っているアイテムは、クレンジングがオルビス(1200円くらい)かDHCのディープクレンジングオイル(1500円くらい)、アイメイク用にメイビリン(マスカラを買ったときについていたサンプル)、洗顔料がクレンジングリサーチ(ドラッグストアで700~800円くらい)、化粧水と乳液がノエビアの豆乳イソフラボンです。 美容液、パックやクリームは季節や肌の状態によってその都度変えます。 これで何年か過ごしてきましたが、高価なものを使っていた時とさほど肌の状態は変わりません。 値段が安いものを使っているので、気にせずたっぷり使えることが精神的にもいいのだと思います。 基本的なアイテムはプチプラのもので揃えてますが、美容液やパックは高価なものを使うこともあります。 ライン使いしないので、出費は比較的抑えられますし、たまに高価なものを使うこと肌にご褒美を与えるだけでなく気分的にもテンションが上がります。 高いものは良い気もするし、ライン使いしたいですが、今の経済状況ではこのスキンケアが自分にとって最適だと思います。